分銅のレンタルについて

分銅という言葉を聞いた事があるという人の方が少ないかも知れません。それもその筈で、ある特定の業界等でしか余り使用されないものだからでしょう。しかし、無くてはならないものである事は間違いありません。最近は新しく購入するのでは無く、必要な時に必要なだけ借りるという事も、業界でも一般化してきた模様です。

分銅というものは校正用用途で使用されるものであれば、業者にもよりますが前者でも数万円程度から、より重量のある物に行くに従い物によっては10万円を超えるものもあります。そもそも物質の質量を測定する為に電子天秤が開発されましたが、地球の重力加速度は自転軸からの距離によって誤差が生じてしまう事が解りました。

この誤差を補正する為に必要なのは、様々なバリエーションがあり一般的には50キログラム以下のE1タイプ・1000キログラム以下のE2、あるいはF1等の都合9種類あります。前述した様な厳密性が要求される場面で様々な物質を正確に計測する為には、それに相応しい分銅が必要になりますが、価格はそれなりにするので必要であるからと言って、即購入に踏み切れない企業もあるかも知れません。

その様な場合、如何にコストを抑えられるかという問題が出てくるでしょう。購入するには事業資金が足りない・別の部門に予算を回しているので購入するのは厳しいという理由があるかも知れません。または急遽分銅を使用する事になった、あるいは顧客の工場で必要になった場合持ち運ぶのは苦労が多いので直接現場に配送して貰い、使用し終わったらレンタル業者に返却する等の方法を採る事が出来る業者もあります。付け加えるならこの手の業者を利用すれば、コスト削減にも繋がりますし、帳簿の上でも固定資産在や管理費等の作業が不要になります。

また、業者によっては例え借り物とは言っても、メインテナンス費用が含有されている事は予め確認しておく事は大切ですが、品質保証をするロゴマークがあれば国レベルの追跡が出来る様になっていると考え信頼出来ると考えて良いでしょう。更に付け加えるのであれば、空きスペースを常に空けておかなくて済むので、空きスペースの有効活用が出来るかも知れません。

しかし、必要になった時に必要なだけ借り受けるという方法を採れば、購入するよりも遥かにコストを抑制出来るでしょう。レンタル可能なバリエーションも企業によって多少違うかも知れませんが、F1等級のステンレス製円筒型タイプや板状タイプの各種等は、用意されていると考えて良いかも知れません。

それでは、借りる場合の流れを示しましょう。電話やファックス等で種類・数量・使用期間等を考慮し決定したら、レンタル契約を締結して必要な料金を支払い、返却期間が終了したら返却しなければなりませんが、もし延長が可能であれば確認してみる価値はあるでしょう。レンタル制のものには、円筒型や板状型等様々なものがありますので、用途に応じて利用すると良いかも知れません。

Category: archive